日々の出来事から思いついたことを綴っていこうと思います♪


by sakura2_ex
最近、思うこと。

それは、テレビ・雑誌・ネットなどのニュースや報道を、
真に受けてはいけないんだなーということ。

ニュースや報道は、
ある一部分だけをピックアップして、
大々的に報じていることが多々あります。

それが、偶然か故意かは分からないけれど、
報道されている部分だけを信用すると、
真実とは違うことを真実だと思い込まされてしまう危険が・・・。


今日、見つけたのは、
ネットのYahooニュース。


「竹島」渡航禁止立て札 150万円で落札
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090321-00000584-san-soci
(3月21日22時16分配信 産経新聞)


江戸時代、日本で「竹島」と呼ばれていた、
韓国領「鬱陵島」への渡航を禁じる立て札が
オークションに出品されたそうです。


このニュースだけ見ると、
韓国メディアが報じているように、
「あれ、やっぱ竹島って韓国領だったの?」
と思ってしまいそうですが・・・。


続けて、この記事を読んでみてください。


「鬱陵島」触書がオークションに 韓国側の落札懸念
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/226295/
(2009/02/27 01:50 産経新聞)


こちらの記事には、しっかりと、
江戸時代に「竹島」と呼ばれていた「鬱陵島」と、
現在「竹島(独島)」と呼ばれている島は別物

と書かれています。


つまり、最初の記事で韓国メディアが
「これが竹島(独島)が韓国領である証拠だ!」
と報じているのは間違いということです。


しかし・・・。

この二つの記事、
両方とも「産経新聞」さんなんですよね。

同じ新聞社の記事なのに、
どうして、こうも印象が違ってしまうのか・・・。

もし、Yahooに掲載した記事が、
落ち度によって説明不足になってしまったのだとしたら、
ちょっと・・・いや、かなり問題だと思いますよ。


ちなみに韓国さん、
これも故意かどうかは知りませんが、
竹島(独島)が韓国領である証拠として、
鬱陵島が韓国領と示す日本の資料を集めている
そうです。


鬱陵島は確かに過去には日本で竹島と呼ばれていましたが、
あなたたちが独島と呼ぶ竹島では、ないですからね。


この事実、私は知れて良かったと思っています。

じゃなかったら、今後この話題が登ったときに、
知らずに騙され・・・ゴホン(咳払い)
報道内容を鵜呑みにしてしまうところでしたからね。


ちなみに、このオークションに出品された立て札を、
落札したのが誰なのかは秘密だそうです。

もし、韓国政府の手に渡れば、
今後どう扱われるかは・・・容易に想像がつきますね。


島根県の財政では落札が難しいそうですので、
善意の日本人が落札してくれていることを願うばかりです。


それにしても。


今回話題になった鬱陵島も、
江戸時代、日本と朝鮮が領有権争いをした末、
日本が領有権を放棄したのだそうです。

この頃から領土問題が起きていたんですね。

今、再び領土問題の起きている島の名前が、
同じ名前なのは、何かの運命でしょうか。


もし、韓国が鬱陵島と竹島(独島)の資料を
意図的に混同しようとしているのなら、
日本は鬱陵島と竹島(独島)が別物であるという証拠を
集めておいた方が良さそうですね。


北方四島の問題も未解決のままですし。

日本の政治家は、もう少し領土という物に対して、
真剣に守る意思を見せてもらわないと困ります。

相手の主張を鵜呑みにしたり、
のらりくらりとかわすだけでは、
外交とは言えませんよ。


主張すべきときには、しっかり主張しなければ。

海外の方には「空気を読む」という習慣はなさそうですから・・・。
[PR]
by sakura2_ex | 2009-03-22 03:23 | 一般ニュース